新着情報

◎2017/4/19

髪型が崩れる時の対策
の情報を更新しました。

◎2017/1/4

バイクの車検について
の情報を更新しました。

「バイク 免許」
に関連するツイート
Twitter

とりあえずわんさか資格の勉強とか、バイク免許撮りたいな。余ったらレンズとドールに費やしたい。 #質問箱 #peing_ktqt_penguin peing.net/q/4cc4fd3a-811…

Twitter ktqt_PenGuin くたペン

返信 リツイート 4分前

#今年の印象に残るお買い物 やっぱし、YZF-R25の購入です。 夏の蒸し暑い中、仕事終わりも休日も欠かさず自動車学校に通い続けて、ようやく取得した普自二免許。今は大好きなバイクに乗れてとても幸せです。 pic.twitter.com/2zSCuzztFg

Twitter rnjko みこ。

返信 リツイート 4分前

バイクある人は昼休みに山の下にある街まで行って買ってきたりしてるけど自分はいまだに免許がないのでそれが出来ない

Twitter Taidongren 台東人@台湾

返信 リツイート 10分前

なーんつって俺も免許発行したその日にバイクで通ってた山に走りに行ったわけだが‥‥ バイク乗ってたからなんとかなってただけで今考えると無茶ばっかだったわな。動かし方は知ってたからいいけど。

Twitter takeRRR_2 タケRRR@9~11ファンミ札幌

返信 リツイート 11分前

ほかにも僕はバイク事故で友人を亡くしているけど、それはバイクのせいでも免許のせいでもない。あいつがバカだったからだ。だから墓の前でバカかお前は、と言った。 墓はなにも言い返さなかった。 ただ、あいつはどんな時もVTマグナがあればご機嫌だったらしい。つまり、そういうことか。

Twitter whitebase1 ホワイトベース公式

返信 リツイート7 11分前

"お店もやり過ぎだけど本当に アホな子が多い新しく入った 町工場の息子バイク免許 車の免許 彼女とのデート代車体全て親に買って goo.gl/WVPsbC #ブラックバイト #就職活動 #損害賠償

Twitter bluepoint4U 綾子の本音にこめん

返信 リツイート 13分前

しろうずに倒れたバイク立てれるわけないだろ!ってめっちゃバイク免許はダメですーー!!!!!って親族から反対されてたから…

Twitter SZKMGN しろうず

返信 リツイート 16分前

バイク乗りたいけど免許ダルい だれか250流して…

バイク免許ってあれでしょ 倒れたバイク立てれるかみたいなのあるんでしょ? それがか弱いしろうずに出来るか否か

Twitter SZKMGN しろうず

返信 リツイート 19分前

そろそろバイク免許とろうかな…

Twitter _Kinai1255_ る~でぃ

返信 リツイート 19分前

バイクに関連する免許の取得条件と運転できる範囲

バイクに関連する免許の取得条件と運転できる範囲 バイクの免許には原付に小型限定、普通二輪と大型二輪の4つに分けることができ、それぞれで運転できる条件が違ってきます。
原付免許を取得できる年齢は16歳からであり、排気量は50cc以下のものを運転することができます。
小型限定も16歳から取得することができ、125cc以下のものを運転でき二人乗りも小型限定から行なうことができます。
また普通二輪は16歳から取得することが出来るのは一緒ですが、400ccまでのバイクを乗ることができ高速道路を走行すること画できるようになります。
大型二輪では取得できる年齢が18歳からとなりますが、排気量の制限はなくどのようなバイクでも乗ることができます。
小型限定以上のものは、ATとMTがありそれぞれ乗れる条件が違っているため注意が必要になります。
また普通二輪以上では高速道路で二人乗りをすることもできますが、その際に二人乗りをするための条件があるので注意して乗らなければいけません。

自動車関連歩行者VS自動車・バイク

長距離を移動するには電車や自動車を利用することが楽であり、雨が降ったときでも安心できるものになりますが、近所や少し遠いけれど電車や自動車で移動する距離でない場合には、バイクや自転車または徒歩で移動したほうが便利な場合もあります。
しかしそのような近い場所に行く場合も、バイクや自転車で移動することと徒歩で移動することでは大きな違いが出てきます。
近場は歩いていくという歩行者の場合には、数十メートルであれば問題ではありませんが、数百メートルの距離を移動しなければいけないときには時間もかかり、夏場などの暑い日は比較的長い時間太陽の光に当てられることになります。
しかし雨が降ったときには、傘を差すことができるため濡れずに移動することができます。
一方でバイクや自転車では超短距離の場合には不便になりますが、それなりの距離がある場合には楽に移動することができます。
移動は楽になりますが、雨が降ったときは傘を差すことができないため、雨に濡れるデメリットもあります。