新着情報

◎2017/4/19

髪型が崩れる時の対策
の情報を更新しました。

◎2017/1/4

バイクの車検について
の情報を更新しました。

「バイク インカム」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@sei_ryuga他1人 今日職場のバイク持ってる人と話してたんだけどインカム付けて走ったりするんだって何それやばくない?最高じゃない?

返信先:@gotomato_ いやわいはどっちでもええけど バイク壊れそう。ニケツで送ってやw インカムこうた?

Twitter yugo12321 ユーゴ

返信 リツイート 0:50

バイク好きと、話がしたいCAS / #バイク、雑談、雑音 インカムはセナ cas.st/1c3169c1

インカムの電池がなくなる前に帰ろうと思ったのにバイク乗るの調子乗って膝曲げたら激痛で動けんくなった つら とりあえず止まったよね。 そんで意味もなくコンビニでスープはるさめ買ったよね。 ほんと無駄遣いばっか… ばかなの!?

Twitter unccccc じゅな@バイク野郎

返信 リツイート 昨日 21:30

バイク好きと、話がしたいCAS / #バイク、雑談、雑音 インカムはセナ cas.st/1c311a09

ツーリング時は バイク2号機+No.3ジャケット+ No.4ヘルメット(インカム装備)+ No.2グローブ+No.1ブーツが 最高最強だと分かった。

バイク好きと、話がしたいCAS / #バイク、雑談、雑音 インカムはセナ cas.st/1c30f6ac

ラジオNIKKEI RN2で毎週(水)22:30~放送中の番組「ライダーズ」の収録に参加させていただきました!放送は7月です‼楽しみにしていてください♪パーソナリティのステップ堀田さんと、バイクで走りながらインカムでお話させていただきました! #神社巡拝家 #YAMAHAが美しい #meandhonda #アヤカリ pic.twitter.com/hMb8oJzvqN

Twitter getaoto 神社巡拝家®️ / 佐々木優太

返信 リツイート4 昨日 20:49

インカム全盛だけど たまに見かけますよね キップ云々ではなく 危ないので気を付けましょう! 【白黒】バイクでイヤホンって違反なの?どういう場合切符を切るのか警察に聞いてみた moto-be.com/earphone_2018

Twitter Tuna_server まぐろ@スズ菌Lv,1

返信 リツイート 昨日 20:36

...ツーリングを行っています。 いい景色を見たり、美味しい物を食べに行ったり、 観光地に行ったり、峠走ったりしています。 ツーリング日程は、基本月1回、土曜日か日曜日です。 ほとんど土曜日です。 メンバーはバイクヤードで集まった人だけで構成されていて、 現在 埼玉16人群馬1人で 大型(1000cc~)9人、中型(250cc)7人です。 走るペースはゆっくりで、基本的にすり抜けもしませんし、休憩も多めにあります...

バイクにインカムをつけて快適走行。

インカムをつけて快適走行 バイクは一人で走っても十分に楽しいですが、タンデム走行したり、仲間達と一緒にツーリングするのも非常に楽しいです。しかし走行中に会話することは難しく、信号等で止まった時にしか話せないし、何処かに立ち寄りたい時、急に停車しなければいけない時等は合図を送るしかありませんでしたが、そんなストレスを解消してくれるのがインカムです。
最近のインカムは非常に軽量、小型でヘルメットに装着しても違和感がありませんし、小型スピーカーでも音質が非常に良い物が多いです。
バイク同士の会話も有効距離が長い商品では、2km以上離れていても会話が可能となっているので、万が一はぐれてしまっても安心です。
スマートフォンとも連動させることが出来ますので、電話対応や音楽を聴いたり、ナビと連動させて音声を流したりと、使い方次第では非常に便利な物となります。
色んなメーカーがインカムを販売していますので、価格や得意分野は様々なので、自分のバイクライフスタイルにあった物を探すと良いでしょう。
それぞれのバイクに乗っていても同じ瞬間を会話を通じて共有することが出来るインカムは素晴らしい装備だと思われます。

バイク乗りのためのエアバッグ

高速で風を切って走ることが出来るバイクは、大変気持ちの良い乗り物です。
しかし、その反面で車とは異なり、運転者の身体がすべてむき出しで、常に身体が事故の危険に晒されているのも事実です。
車のような衝突安全ボディは一切存在せず、万が一衝突や転倒をしてしまった時は、その衝撃がすべて自分の身体に来てしまいます。バイクはまさに危険と隣合わせの乗り物なのです。バイクは好きだがいざという時に自分の身を守ってくれるものがほしい、そのような人におすすめなのがバイク用のエアバッグです。
これは、車のエアバッグと異なり、運転者の身体に直接装着するものです。見た目はライダースジャケットのようですが、万が一の事故の際は内蔵されたエアバッグが瞬時に開き、運転者の急所である首や背中、脇や胸、そしてお尻を衝撃から守ってくれます。
作動後は自然に空気が抜けていくため、転倒後の移動も容易に行えます。価格は3万8千円と若干高めですが、いざという時に自分の身を守ってくれることを思えば、決して高い買い物ではありません。