新着情報

◎2017/4/19

髪型が崩れる時の対策
の情報を更新しました。

◎2017/1/4

バイクの車検について
の情報を更新しました。

「バイク 燃費」
に関連するツイート
Twitter

カブのカタログ燃費105.0って何度見ても目を疑う。 "【ホンダ】スーパーカブ50/110の外観を刷新し11/10から発売" #バイク #feedly news.bikebros.co.jp/model/news2017…

Twitter s_works333 shotaro@HAQ - 1:29

リツイート 返信

販売数一億台突破おめでとう。 低燃費、超丈夫、最高のバイクですありがとうホンダ。

@fit_D125 燃費もよく、峠もそこそこ楽しめるいいバイクですよ❗ 自分のは原形ないですけども

@Kenny82890913 @CB1300SB_8910 @KeN_8686_ 実は分かってた(笑) 実際、燃費よし・頑丈・積載よし・パーツ豊富…と、やはり世界一の生産台数を誇るロングセラーバイクだけありますよね! 駐車場探して… twitter.com/i/web/status/9…

#ウィーゴレース エントリーーーーー!!ソルトレイクの銀色の弾丸!! 「ぼんねびるれこーど」プロペラジェットエンジンの悪燃費No.1マシン! 双銅バイクの直線ボーイ!! うっすらホコリがつもっているのはナイショだ!!!… twitter.com/i/web/status/9…

Twitter chugachworks チュガッチワークス - 昨日 22:58

6RT リツイート 返信

@DOhHl66shU0eme1 いや、バイク手放すんなら燃費とか気にせんよ(笑)

V7stone、数少ない大型免許を取ってでも乗ってみたい大型バイク。見た目はストライクゾーンど真ん中なんだけど、壊れやすいとかパーツがなかなか入らないとか壊れやすいとか意外と燃費が悪いとかとにかく壊れやすいとか聞くけれど、実際のと… twitter.com/i/web/status/9…

@ichikame13 車のメリット…運転が楽、荷物乗る、天候影響受けない、安全、認識されやすい デメリット…燃費バイクより悪い、車の距離感が使いずらい、狭いところ通れない バイクのメリット…燃費がいい、細い道走れる デメリッ… twitter.com/i/web/status/9…

Twitter 4059_m4a1 悲しそうな顔をするレイン - 昨日 22:07

リツイート 返信

左手に運転に必要な機能があったら、両手が塞がって蕎麦屋さんが蕎麦持たれへんやろ。燃費落ちたらそれだけ給油に時間取られるし。働くバイクが好きなんであって、ただのおしゃれな原付に興味は無いねんで。

早く雨やんでくれぇ((>ω<。))) 通勤フォレスタだと燃費悪すぎるんや… 早くおバイク通勤させてクレメンス(>人<;) このままじゃ赤字や💸💸💸 ちなみに フォレスタ→9㎞/ℓ(ハイオク) MT03→25㎞/ℓ(レギュラー)

Twitter neo_devils neo_muuu@mt03 - 昨日 22:02

リツイート 返信

バイクの買取なら車体下部に注意しましょう

バイクの買取なら車体下部に注意しましょう バイクを買取してもらう際はできるだけ高値で買い取ってもらいたいもの。
であれば、しっかりと洗車をすることはもちろんですが、その際、車体の下部を入念に洗車しましょう。
目の肥えた買取査定士の方は、メーターを見なくてもバイクの状態でおおよその走行距離をあてることができます。
そのポイントとして挙げられるのが車体の下部。
カウルなどの外装や、タイヤ、ホイールなどは綺麗に仕上げても車体下部は多くの人が見落としがちなのです。
車体下部には走行状態が顕著に表れますし、エンジンからオイル漏れしている場合は、バイクの車体を巡り巡って、最終的に車体下部に辿りつき、そこから滴り落ちるため、目視ではオイル漏れが確認できなくても車体下部を見れば簡単に見極められます。
そうなってしまうと、当然査定額も下がってしまいます。
できるだけ高値で買取してもらいたいのであれば、しっかりとバイクの下部も洗車しましょう。
長年蓄積されたオイルはなかなか落とすことができませんが、脱脂剤などを使えば比較的簡単に落とすことができます。
隅々まで綺麗に仕上がったバイクの方が、査定員の方にも印象がよく、自分で思っていたよりも高く買取をしてもらうことができます。

バイクの燃費は案外良くないです

今でもバイクの燃費にはJCO8や10/15モードのような測定方法がありません。
この為カタログに載っている燃費は定地走行燃費でこれは実際にはありえないほどの理想的な条件での数値ですので、あまり参考になりません。
今はそれ程極端な数字にはなっていないようにも思いますが、それでもカタログの数値から実際の数値を推測するのはほとんど不可能な状態のままです。
バイクの場合結局排気量と気筒数、最高出力、車重などから想像する数値の方がよっぽど現実の数値に近いといえるでしょう。
またエコカーとして大きく燃費性能が改善されている四輪車と違って、バイクの場合特別性能のいいものは今のところなく、もう長いことあまり進歩していません。
今はむしろ燃料噴射への過渡期として、特に小排気量車では遺伝と同じだけの性能を確保することすら難しい状態となっています。
大排気量バイクの場合、同排気量のエコカーに劣る場合すらあります。
この為に単純にガソリン消費の減少を目指してバイクに買い換えると案外節約にならない場合もあります。
現実的には小排気量車を選ぶことでした燃料消費を少なくすることは難しいといえるでしょう。
省エネなら125cc以下を選ぶしかないでしょう。