新着情報

◎2017/4/19

髪型が崩れる時の対策
の情報を更新しました。

◎2017/1/4

バイクの車検について
の情報を更新しました。

「バイク 燃費」
に関連するツイート
Twitter

TZR250R RZの前に乗ってたバイク、今では考えられないほどの豪華な装備 高速コーナーでもフレームがヤレる事無くすごい安心感があった。 2個1?3個1?だったのかノーマルE/GにSPキャブがついてたせいで 街乗り燃費リッター6㌔という記録を出した 画像は拾いもの pic.twitter.com/5y3pyQ91ih

#いいねされた数だけ乗ってきたバイクを紹介する 10台目 YAMAHA RZ250R(29L) おむすびテールと呼ばれる人気の高いRZR 燃費は25km/Lというエコバイク、パラツインは違うなと思い20万で売却 pic.twitter.com/GiBwlSEPfa

#いいねされた数だけ乗ってきたバイクを紹介する 8台目 YAMAHA ZEAL ひょんなとこから手に入れた一台。六速がオーバードライブギアという完全なツーリングバイク燃費もリッター25と最強の四発と思った。飽きて売却 pic.twitter.com/fpz8UCUaWj

Twitter TZM5OR ほもや

返信 リツイート 33分前

売った理由としては余りカスタムパーツがなかったことと足付きが厳しかったこと…1ヶ月に7回以上も転けてこのままだと事故起こして危ないのではないか?と思ったのとモタードにカスタムしようとしたが敢え無く断念、今思うと燃費もタンク容量をあってツーリングに適してたんだなとまた乗りたいバイク

Twitter _HY0831 ガーモス

返信 リツイート 52分前

(ここからは乗った事のあるバイク) CB400SF(教習等々…) 乗る人間を拒まない、ト-タルバランスの整ったバイク。 タンク容量も大きく、燃費が良い(ゼファ-に比べると遥かに良い) 精密にエンジンが回る様は、もはや芸術だと思ったし、純正マフラ-の音はとても良い音で好き。

Twitter mattari_zephyr まったり@漆黒の絶望的残念連合

返信 リツイート 0:44

神獣バイク リンゴ10個で満タンになるから低燃費すぎる

写真無い! ポケバイ! 割り箸号でトランポして持って帰ってきた! 黒V100! 極上CE13!パーツ剥ぎ取って眠ってる!そのうち弄って乗る! YB125SP! 燃費すごい!かっこいい!SRみたい! 最強の通勤バイク! 明日でサヨナラ! pic.twitter.com/ys9mJALuHJ

Twitter PULSAR_Akira あっきーら

返信 リツイート 昨日 23:39

GSX-R1000 L3 懲りずにまたSSを買う、初めての新車 スズキ好きじゃなかったけど好きになった。 最速のツアラー、燃費よし、トルクモリモリ、ポジション楽ちん、コスパ高い しかしくっそ速い こいつも腕をだいぶ磨いてくれた ほんとーにいいバイクだった また乗りたい(´<_` ) pic.twitter.com/QOexQFlGY9

Twitter dj_moneco 木村=͟͟͞͞( 'ヮ' 三 'ヮ' =

返信 リツイート 昨日 23:28

GSX-R1000 L3 懲りずにまたSSを買う、初めての新車 スズキ好きじゃなかったけど好きになった。 最速のツアラー、燃費よし、トルクモリモリ、ポジション楽ちん、コスパ高い しかしくっそ速い こいつも腕をだいぶ磨いてくれた ほんとーにいいバイクだった また乗りたい(´<_` ) pic.twitter.com/gJt3QyiMpF

Twitter dj_moneco 木村=͟͟͞͞( 'ヮ' 三 'ヮ' =

返信 リツイート 昨日 23:27

返信先:@Qwerty6_6_6 ありがとー(*'▽'*)旅先でバイクに乗れるし寝れるし最強!(燃費リッター6km)

Twitter k7ki6 Nabe(・ὢ・ )(SP)

返信 リツイート 昨日 23:26

バイクの買取なら車体下部に注意しましょう

バイクの買取なら車体下部に注意しましょう バイクを買取してもらう際はできるだけ高値で買い取ってもらいたいもの。
であれば、しっかりと洗車をすることはもちろんですが、その際、車体の下部を入念に洗車しましょう。
目の肥えた買取査定士の方は、メーターを見なくてもバイクの状態でおおよその走行距離をあてることができます。
そのポイントとして挙げられるのが車体の下部。
カウルなどの外装や、タイヤ、ホイールなどは綺麗に仕上げても車体下部は多くの人が見落としがちなのです。
車体下部には走行状態が顕著に表れますし、エンジンからオイル漏れしている場合は、バイクの車体を巡り巡って、最終的に車体下部に辿りつき、そこから滴り落ちるため、目視ではオイル漏れが確認できなくても車体下部を見れば簡単に見極められます。
そうなってしまうと、当然査定額も下がってしまいます。
できるだけ高値で買取してもらいたいのであれば、しっかりとバイクの下部も洗車しましょう。
長年蓄積されたオイルはなかなか落とすことができませんが、脱脂剤などを使えば比較的簡単に落とすことができます。
隅々まで綺麗に仕上がったバイクの方が、査定員の方にも印象がよく、自分で思っていたよりも高く買取をしてもらうことができます。

バイクの燃費は案外良くないです

今でもバイクの燃費にはJCO8や10/15モードのような測定方法がありません。
この為カタログに載っている燃費は定地走行燃費でこれは実際にはありえないほどの理想的な条件での数値ですので、あまり参考になりません。
今はそれ程極端な数字にはなっていないようにも思いますが、それでもカタログの数値から実際の数値を推測するのはほとんど不可能な状態のままです。
バイクの場合結局排気量と気筒数、最高出力、車重などから想像する数値の方がよっぽど現実の数値に近いといえるでしょう。
またエコカーとして大きく燃費性能が改善されている四輪車と違って、バイクの場合特別性能のいいものは今のところなく、もう長いことあまり進歩していません。
今はむしろ燃料噴射への過渡期として、特に小排気量車では遺伝と同じだけの性能を確保することすら難しい状態となっています。
大排気量バイクの場合、同排気量のエコカーに劣る場合すらあります。
この為に単純にガソリン消費の減少を目指してバイクに買い換えると案外節約にならない場合もあります。
現実的には小排気量車を選ぶことでした燃料消費を少なくすることは難しいといえるでしょう。
省エネなら125cc以下を選ぶしかないでしょう。